碧南市民病院

病院概要

病院概要:病床数319床、診療科目20科、救急病院、公益財団法人日本医療機能評価機構(3rdG:Ver1.1)平成30年6月1日更新認定、各種研修施設認定施設。日本医療薬学会(認定薬剤師制度、がん専門薬剤師制度、薬物療法専門薬剤師制度)認定研修施設。

薬剤部概要:薬剤師18名(うち派遣薬剤師2名)、薬剤事務員4名。日本医療薬学会各種研修、薬学生実務実習、薬剤師レジデント、保険薬局実務研修、薬薬連携勉強会の開催などを行っている。

感染制御認定薬剤師、がん指導薬剤師、がん専門薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師、栄養サポートチーム専門療法士、日本褥瘡学会認定士、医療情報技師、医薬品情報専門薬剤師、糖尿病療養指導士、抗菌化学療法認定薬剤師など、各種専門・認定薬剤師の資格を取得している。

調剤等の基本業務に加え、病棟業務、外来指導、高カロリー輸液や抗がん剤の無菌調製、外来化学療法室指導などを行っている。

薬剤部の特徴

碧南市民病院は、「温かな心のこもった医療」の提供を基本理念として掲げ、地域における中核病院として、患者中心のより質の高い医療の提供に努めている。

併せて、地域医療機関との病診連携を密にし、地域住民から「愛され、選ばれうる病院」を目指している。

薬剤部も病院の理念に基づき、医療を通じて、患者・家族、医療スタッフおよび社会に貢献することを使命とし、常に患者さんに良質な医療を受けていただくように活動している。

そのため、薬剤師としての専門性を活かし、医療経済を意識した患者目線に立った臨床薬剤師の育成に力を入れ、専門知識の習得と向上、医療への積極的な参画と医療の質向上、個の力の発揮と生産性の向上、地域連携の推進と積極的な参画に重点を置いている。業務展開については、必要度・重要度・緊急度を加味した、迅速な対応を心掛けている。

アピールポイント

①部署間の垣根がなく、職種を超えて何でも話し合える関係ができている。そのため、薬剤師としての視点だけではなく、医療者としての視点を持つことができ、臨床で必要とされる思考を自然に身に着けることができる。

②1年目から病棟に配属され、臨床業務を行うことができる。薬剤師がいることが当たり前の臨床現場で患者の声、多職種の声を聴き、経験の浅い時期から薬剤師として何ができるかを考えながら働くことができる。

③多領域での専門知識・資格を持つ薬剤師が、日常業務のみならず、学会発表、専門・認定薬剤師の取得などにおいてもサポートする体制ができている。資格取得研修に関する病院サポートもあり。

④薬剤師が居宅訪問薬剤指導を行い、医師や訪問看護師と協働して、自宅で過ごす患者のサポートを行っている。また、地域の薬剤師会と密に情報交換・連携を行い、協同して地域医療の向上に積極的に関わっている。

⑤産休・育休制度が充実しており、併設されている院内託児室では小学校入学前まで預ける事ができる。スタッフの多くが育児経験者であり、協力体制も整備され、子育てしながら働きやすい環境になっている。

募集要項 (令和2年4月1日現在)

給料:大学6卒 240,516円 大学卒 216,972円

休日:週休2日制(勤務場所によっては異なる場合があります。)

賞与:期末・勤勉手当 6月 2.25月分 12月 2.25月分

勤務時間:月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(勤務場所によっては異なる場合があります。)

福利厚生: (1) 健康診断:毎年定期的に行います。(2) 共済等:愛知県都市職員共済組合に加入しています。その他、職員互助会により、各種給付、貸付事業、福利厚生事業を行なっています。(3) クラブ活動 :14の運動クラブ、2の趣味クラブが有ります。(4) 宿泊保養施設:愛知県都市職員共済組合等の契約保養施設が補助を受けて利用できます。

教育研修:キャリアデザインに沿った研修 新任薬剤師教育マニュアル研修など

採用人数:1名程度

選考スケジュール:見学随時、3月20日(土)試験

関連記事

  1. 大垣中央病院

  2. 沼隈病院

  3. 羽島市民病院

  4. 東住吉森本病院

  5. クラフト株式会社(さくら薬局)

  6. 医療法人良秀会(高石藤井病院他)