西陣病院

病院概要

地域のニーズに合った急性期病棟、地域包括ケア病棟、障がい者病棟のケアミックス病院としての診療体制を維持し、高い技術と充実した設備で診察や治療を行っています。

薬剤部は、13名の部員により、コンパクトな病院の特性を活かして、診療科や看護部などの医療スタッフとの垣根のない環境で、日々患者への安全で適正な薬物療法に努めています。

薬剤部の特徴

入職年度の5月から全病棟(7病棟)および調剤室、医薬品情報管理室にローテーションで配属し、現場を経験しながら初期教育(OJT制度)を行っています。

全部員がローテーション(シフト制)で、調剤業務・病棟業務・自己研鑽を柱とする薬剤師業務のジェネラルスキルから専門性までのスキルを身につけることができ、薬剤師が働きたいという「やる気」を刺激しています。

薬剤師育成プログラムがあり、がん、糖尿病、感染症など各種認定資格を有する薬剤師もおり、幅広い知識と能力を修得することができます。

学会発表や参加、認定資格取得などの自己研鑽に対する支援体制に加え、子育て支援も充実しており、キャリアパスに適した環境が整っています。

興味を持った方は、施設見学で西陣病院の温かさを肌で感じてください。

アピールポイント

①他の専門職種との垣根が低く、働きやすく、学びやすい環境にあります。

②病棟業務だけでなく、薬剤師の基本である調剤業務を大切にしています。

③薬剤部全員が、病棟・調剤室などをローテーションし、シフト制で勤務を決めています。

④薬剤部全員が、ジェネラルスキルから専門性まで、自己研鑽できる環境が整っています。

募集要項 

給料:241,000円(基本給190,000円、調整手当51,000円)

休日:土曜、日曜、祝日他 (年間98日 4週6休)

賞与:年2回(7月、12月):4.2ヶ月(前年実績)

勤務時間:8:30~16:45、8:30~13:15、12:45~21:00(夜診帯勤務)

福利厚生:認定薬剤師取得のための学会参加に係る諸経費の支援、薬剤師対象奨学金返還支援制度、育児休業・介護休業、薬剤師賠償責任保険、定期健康診断、医療費減免

教育研修:初期研修(OJT制度)、薬剤師育成プログラム(認定薬剤師取得など)

採用人数: 3名

例年の選考スケジュール:3月から施設見学・説明会(随時、平日の13時から)、7月中旬頃試験

採用試験:小論文(専門分野)、適性試験、面接

採用状況により、第2回(8月頃)、第3回(9月頃)を予定

関連記事

  1. 独立行政法人地域医療機能推進機構 船橋中央病院

  2. 医誠会グループ

  3. 中津川市民病院

  4. 国立循環器病研究センター

  5. 大垣中央病院

  6. 岐阜大学病院