関中央病院(医療法人香徳会)

SONY DSC

会社・病院概要

所在地岐阜県関市平成通2丁目6番18号
アクセス長良川鉄道 関口駅より約1km
店舗数・病床数150床(地域包括ケア50床/回復期50床/療養50床)
展開エリア関市
概要https://sekichuo.jp/recruit/

岐阜県関市にある病床数150床の慢性期の病院です。計11の診療科があり、2次救急病院として中濃エリアの患者の治療を行っています。

診療にあたっては、医師や看護師、薬剤師、そして管理栄養士、理学療法士等が協力して、一人ひとりの患者様を見守る「チーム医療」体制をとり、たとえばNST(Nutrition Support Team/栄養サポートチーム)を稼働させ、疾患の重篤化の予防に役立たせるなど、全職員の総力を結集し、疾患の早期発見、早期社会復帰を支援しています。

そのため、医師は当然のこと、各コメディカルスタッフも学会、研究会活動を積極的に行い自己研鑽に励み、医療レベルの向上に努めています。

その一方で、最新の医療機器を導入し、より正確、そして迅速な診断や治療を実現させています。また、近年では病診連携も積極的に推進。診療所との信頼関係をベースに医療の連続性を確保し、地域の医療機関とともに、地域医療全体の充実に貢献していきたいと考えています。

また関中央病院グループは、 「岐阜県子育て支援エクセレント企業」に認定されています。 「岐阜県子育て支援エクセレント企業」は、岐阜県が実施する制度であり、「岐阜県子育て支援企業」の中から他の模範となる優良な取り組みを実践する企業・団体が認定されます。

薬剤部・薬局概要

当院の薬剤科は3名在籍し、30~40歳台の比較的若いスタッフが幅広く活躍しています。また各病棟に1名ずつ薬剤師を配置すると共に中央業務も兼務する体制で薬剤科を運用しており、最近ではコロナの予防・治療にも貢献しています。

 

特に現在薬薬連携に注力しており、当初は入院中の処方変更の経緯をお薬手帳に貼付してかかりつけ薬局に情報提供を行ってまいりましたが、2021年よりかかりつけ医への情報提供として「薬剤サマリー」の運用もあわせて開始致しました。

 

また近隣薬局からのトレーシングレポートも随時受け付けており、主治医への情報提供にも院内薬剤師が介入し、患者様の安全な薬物療法に貢献しています。

特徴・PR

①急性期病院に比べ慢性期疾患の病院であるため、その分長く患者様とお付き合いできる事で薬物療法に貢献できる機会がもてる。

 

②特に回復期病床を対象にポリファーマシー対策に力を入れている。

 

③希望する休みを取得しやすい。

 

④実務実習認定薬剤師が2名在籍しており、毎年実習生を受け入れ後進の育成にも力を入れている。

 

⑤福利厚生が充実している。

募集要項

募集人数・採用実績募集人数:常勤1名又は非常勤1名
採用実績:2022年1人(非常勤)
勤務地病院所在地と同じ
給与(初任給・手当・昇給・賞与)【基本給】194,400円~241,900円、【資格手当】23,000円
【賞 与】年2回 約4.0ヵ月(昨年度実績)
【夜勤手当】10,500円/回 事務当直あり(男性)※月1回程度、【住宅手当】、【家族手当】
休日・勤務時間休日:週休2日(年間117日+誕生日休暇1日)
平日1日+日曜・祝日(GW・年末年始に1日程度出勤あり)、勤務時間:8:30 ~ 17:30
福利厚生・社会保険【福利厚生】:保育所有り、制服の無料支給・無料クリーニング、職員旅行(海外有り)・新人歓迎会等
【社会保険】:健康・厚生・雇用・労災
教育研修制度新人研修、5年目研修等
採用までの流れ、提出書類採用までの流れ:電話・書類・電子メールにて申し込み後、試験日を決定します。
書類選考、筆記試験、面接。
提出書類:履歴書、写真
平均年齢・平均勤続年数【平均年齢】:39歳 【平均年齢】:15年

イベント(インターンシップ・見学会・説明会)

随時開催 薬剤部までお問合せ下さい

先輩社員の声

会社・病院詳細

沿革(事業内容)150床の病院と老健の入所が50床、他にも訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、グループホーム18床を併設しています。
代表者・資本金・売上高・従業員数代表者:理事長 加藤 公彦
従業員数:322名(2022年4月時点)

関連記事

  1. 中部薬品株式会社 Vdrug

  2. 沼隈病院

  3. 兵庫あおの病院

  4. わかば薬局

  5. 明石医療センター(愛仁会)

  6. 中部労災病院