総合青山病院

GE DIGITAL CAMERA

会社・病院概要

所在地愛知県豊川市小坂井町道地100番地の1
アクセスJR飯田線小坂井駅から徒歩7分
店舗数・病床数230床
展開エリア豊川市
概要http://aoyama-hp.or.jp/mtos_recruit02/

当院は急性期医療、回復期リハビリテーション医療、慢性期医療に予防医療を加え、ケアミックス型病院として幅広い医療を提供しています。

豊川市と、隣接する豊橋市との境に立地し、国道1号線と国道151号線を利用すれば、豊川市内はもちろん豊橋市や蒲郡市のほか、渥美半島や東三河の山間部からもアクセスが至便です。

地域の中核病院として、これまで以上に公益性の高い医療の提供に努めてまいります。診療科目は21科。一般急性期病棟から健診センターまで集約させ、地域医療への取り組みを向上。さらに、低侵襲の放射線治療装置「サイバーナイフ」や「マルチスライスCT併設手術室」などの最新医療機器を駆使した先進的な医療を推し進めています。

薬剤部・薬局概要

当院では20~40代の薬剤師が6名在籍しています。

 

薬局の業務内容として、調剤業務、無菌製剤、医薬品管理、医薬品情報管理業務、病棟業務などがありますが、当院はすべての業務に携わることで幅広い知識を習得することができます。

 

また、4か月目という早い段階から、先輩薬剤師と一緒に病棟業務に携わることで、医師・看護師・他コメディカルと協働し、患者さまの治療に関わっていくことで専門性の高い知識・技術を習得することができます。

 

チーム医療では、感染対策チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)、褥瘡対策チームなどで薬剤師が関わり、週1回のラウンドで活躍しています。

 

働きやすい職場環境を心掛け、他の医療スタッフと協力し、チーム医療の一員として、患者さまに安心して薬物治療を受けて頂けるよう努めています。

特徴・PR

①総合病院のため、様々な科の薬に関わることができます。

 

②早いタイミングで病棟業務に携わることができます。病棟での薬剤業務は医師・看護師より信頼や感謝をいただくことも多く大変やりがいを感じます。

 

③急性期病棟だけではなく、回復期病棟、慢性期病棟があり、さまざまな患者さまの経過を見ることが出来ます。

 

④残業はほとんどありません。スキルアップも可能で、自分の時間も確保出来ます。

 

⑤資格取得に病院のバックアップ体制があります。

募集要項

募集人数・採用実績募集人数:2023年入社3名程度
採用実績:2021年1人、2020年2人
勤務地総合青山病院
給与(初任給・手当・昇給・賞与)初任給:266,000円(勤務手当含む)・住宅手当:5,000円
昇給:前年度実績1.65・賞与:前年度実績3.65カ月分
休日・勤務時間休日:木・土午後、日曜日、祝日、年末年始
勤務時間:8:30~17:30(休憩1時間)
福利厚生・社会保険福利厚生:職員食堂、福利厚生施設、医療費還付制度、院内保育所、財形制度
社会保険:健康・厚生・労災・雇用保険
教育研修制度教育担当者が日々の業務を行いながら指導します。「業務チェックシート」と「ふり返りシート」を用いて習得度の確認をします。
採用までの流れ、提出書類採用までの流れ:毎年3月頃に見学、5月頃選考。
作文、面接実施。
提出書類:履歴書、成績証明書、卒業見込証明書
平均年齢・平均勤続年数平均年齢:35歳
平均勤続年数:7年

イベント(インターンシップ・見学会・説明会)

見学会・説明会:随時受付中 日時に関しては調整させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

先輩社員の声

・入社理由

 

私が就職する上で譲れなかったポイントが病棟業務を早期に行えることと他職種連携がとりやすいことです。当院では1年目より病棟に行くことができ、他職種との距離も近く、連携がとりやすい病院だと思ったからです。病棟についた瞬間に、看護師より「待ってたよ」と声がかけられるくらい薬剤師としての職能が期待されている病院です。

 

・働いてみてのメリットなど

 

働いてみてのメリットは1年目から病棟に行けるために臨床能力が早期から身につくことです。現在の薬剤師は高い臨床能力が求められています。臨床能力は病棟に行き実際に患者さんと接し、他職種と関わるなかで身につくものです。大病院などはなかなか病棟に出られないことが多いので、中小病院である当院のメリットだと思います。

 

・入社後の研修や教育など

 

入社後には先輩に調剤の仕方などを教えていただきました。経験豊富な先輩に教えていただくことにより、先輩がこれまでに見てきた多くの症例を踏まえた上での指導を受けることができるので、より実臨床に伴った知識を身に着けることができます。あとは学会参加や勉強会へのサポートがあるので積極的に参加しています。

 

・その他

 

当院ではフットサル同好会があり、私もそこで活動しています。体を動かすだけでなく、普段接する機会の少ない部署の方々と交流もでき、情報交換の場にもなっています。今はコロナ禍なので自粛中ですが、病棟の飲み会なども多くあり、病棟のメンバーと親睦を深めて日々の業務に努めています。

会社・病院詳細

沿革(事業内容)S42.08 青山医院(内科、小児科、産婦人科)開設
S53.06 青山病院開設65床、S54.11 消化器科、外科新設
S56.01 医療法人宝美会設立認可、S56.04 定床127床に増床
S57.04 定床149床に増床
S57.09 外来棟増築工事竣工 定床210床に増床
S57.11 耳鼻咽喉科、理学診療科、放射線科新設
S58.04 病棟増改築工事竣工、S58.09 整形外科、脳神経外科新設
S59.06 泌尿器科、肛門科新設、S61.03 看護師寮竣工、定床230床に増床
S62.11 救急病棟増築工事竣工、H01.01 循環器科、心臓血管外科新設H03.06 眼科新設、H04.08 急性心筋梗塞システム体制への参画
H04.12 呼吸器科新設、H06.01 施設整備増改築工事着工
H07.03 本館竣工、H07.11 南館竣工
H08.05 豊川消防署 心電図電送システム導入
H08.12 総合青山病院と院名変更、H10.04 リウマチ科新設
H14.04 産科廃止、H14.08 歯科口腔外科新設、H16.01 婦人科廃止H16.07 透析治療開始(6床)、H16.09 入院基本料1(2:1)届出H17.04 皮膚科新設、H17.06 透析ベット増床(13床)
H18.01 神経内科新設、H18.04 一般病棟入院基本料10:1届出
H18.10 療養病棟入院基本料2(8割以上8割未満)届出
H19.05 病院機能評価(Ver.5.0)の認定取得
H20.09 第二青山病院と院名変更、H20.11 総合青山病院移転新設(137床)
H20.12 サイバーナイフセンター開設、H21.05 麻酔科新設
H21.06 腎臓内科、漢方内科新設(漢方外来開始)
H21.10 ニコチン外来開始、H21.11 リウマチ専門外来、脊椎専門外来、スポーツ専門外来開始
H22.05 一般病棟入院基本料7:1届出、H22.10 第二青山病院と合併(一般137床・療養93床)
H23.03 回復期リハビリテーション病棟(41床)開設
H23.04 放射線科新設、H24.03 特定医療法人の承認、H24.04 DPC参加病院
H24.05 病院機能評価(Ver.6.0)の認定取得
H24.10 健診センター竣工・開設、H24.10 宝美会職員住宅こざかい竣工、H24.11 瀬川名誉院長【秋の叙勲】瑞宝小綬章受章
H25.04 糖尿病・内分泌内科新設、H26.04 「サイバーナイフ ラジオサージェリーシステム」へバージョンアップ
H27.05 電子カルテシステム導入、H29.04 婦人科新設
H29.05 病院機能評価(3rd G:Ver.1.1)の認定取得
H30.08 (医)宝美会と(医)浜名会の合併、R02.01 牧野政子理事長 【瑞寶雙光章】死亡叙位叙勲 受賞
R02.01 理事長具栄作就任、R03.04 肛門外科新設、漢方内科廃止
代表者・資本金・売上高・従業員数代表者:理事長 具 栄作
従業員数:1117名

関連記事

  1. 岐阜大学病院

  2. 亀田総合病院

  3. 独立行政法人国立病院機構 豊橋医療センター

  4. 国立病院機構中四国グループ

  5. 名古屋市立大学病院

  6. 光生病院