国立循環器病研究センター

病院概要

最先端の、その先へ。心臓血管系と脳血管障害の治療を行う世界でも画期的な最先端の大規模医療・研究施設です。

当センターは、最高レベルの医学を目指し、予防、診断、治療法の開発、成因、病態の解明から専門技術者の養成まで、病院、研究所、オープンイノベーションセンター、管理部門が一致団結して、成人、小児の心臓病、血管病および脳卒中などに代表される循環器病対策を総合的に推し進めています。

また、救急患者さんを24時間体制で受け入れると共に、常に質の高い医療を提供しています。

薬剤部の特徴

循環器病専門病院の特色として、強心薬、不整脈薬、抗血栓薬、降圧薬をはじめとする循環器病薬や、心移植、感染症治療に用いられる免疫抑制薬、抗生物質など多くのお薬が使われています。

個々の患者さんに合わせた最適な薬物療法が実施されるように、薬剤部で薬物血中濃度の測定を行い、医師と協力してお薬の適正な投与量の設定を行っています。

また、薬剤管理指導業務、病棟薬剤業務を通じて医薬品の適正使用を推進し、最適な薬物療法を提供しています。

当院は指導的医療人の育成を目的とする、教育・研修を提供するナショナルセンターとしての使命を担っています。

臨床薬学的研究を積極的に実施するとともに、循環器病疾患の薬物治療を専門とする薬剤師育成のため、薬剤師レジデント制度の導入や薬剤師研修センター、他施設薬剤師、大学薬学部学生を受け入れ、教育・研修に力を注いでいます。

アピールポイント

①最先端の循環器病に関する治療に薬物治療の面から活躍できます。

新病院では全病棟にサテライトファーマシーが新設され、そこを拠点に病棟薬剤業務、薬剤管理指導業務を行っています。

②チーム医療に積極的に参画しています。

サテライトファーマシーを拠点にすることで、他職種との距離がより近くなり、活発に連携を図り、患者さんを中心としたチーム医療の充実化や医薬品適正使用に貢献できるよう活動しています。

③新人教育 

1年間の教育カリキュラムに則って業務を身につけていきます。チューターを複数配置しミーティング等を行い、習得状況を把握しながら進めていきます。またチューターも経験年数の異なる薬剤師を配置し、若手薬剤師の教育も行います。

④薬剤師レジデント制度 

循環器病疾患の薬物治療を専門とする薬剤師を育成します。2年間で薬剤部の全ての業務、病棟業務においては全ての診療科を経験し、また、研究・学会発表等も行い、循環器の様々な分野で活躍する実力を備える薬剤師を育成します。

募集要項(常勤) 

給料:当センター規程により支給 

例)【新卒採用】基本給209,000円 諸手当(地域手当)25,080円 ※その他、超過勤務手当、住居手当等有り。

休暇:年次有給休暇年間20日、他にリフレッシュ休暇、結婚、産前産後休暇などの特別休暇制度あり

賞与:年2回(6月、12月に支給)

勤務時間:4週8休制の勤務割に基づく38.75時間/週交代制勤務

福利厚生:国家公務員共済組合制度に加入、労働保険制度に加入

教育研修:1年間の教育カリキュラムあり、チューター制度あり

募集要項(非常勤)※薬剤師レジデント

給料:時間給:1,560円

休暇:有給休暇、無給休暇の制度あり(就業規則による)

賞与:年2回(6月、12月に支給)※週30時間以上勤務の場合に限る

勤務時間:週31時間以内勤務

福利厚生:雇用保険適用、社会保険(健康保険・厚生年金)加入※週21時間以上勤務の場合に限る

教育研修:1年間の教育カリキュラムあり、チューター制度あり

関連記事

  1. 宇野病院

  2. 独立行政法人地域医療機能推進機構神戸中央病院

  3. 名古屋大学医学部付属病院

  4. 株式会社コクミン

  5. 独立行政法人国立病院機構神戸医療センター

  6. 独立行政法人国立病院機構千葉東病院