東京ベイ浦安市川医療センター

アクセス

アクセス :地下鉄東西線浦安駅より徒歩約8分

所在地  :千葉県浦安市当代島3-4-32

薬剤部HP  :https://tokyobay-mc.jp/pharmacy/

病院概要

【開設】 2009年4月(2012年4月 リニューアル)

【病床数】 病院344床(一般340床、感染病床4床)

【診療科】 内科、循環器内科、心臓血管外科、消化器内科、外科、呼吸器内科、腎臓・代謝内分泌科、人工透析内科、救急科、糖尿病内科、産婦人科、小児科、小児外科、麻酔科、脳神経外科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、神経内科、泌尿器科、皮膚科、集中治療科、病理診断科、放射線科、放射線診断科、リハビリテーション科、感染症内科、膠原病内科

薬剤室概要

【人員】 薬剤師28名(2021年4月 レジデント含む)

【処方箋枚数/月(2019年度平均)】 入院処方箋枚数:7050枚 外来処方箋枚数:7921枚 院外処方箋発行率:94.1% 注射処方箋枚数:9974枚 外来注射処方箋枚数:3102枚

【認定薬剤師】

外来がん化学療法認定、感染制御認定、抗菌化学療法認定、周術期管理チーム薬剤師、救急認定薬剤師、認定実務実習指導薬剤師、腎臓病療養指導士、日本糖尿病療養指導士、糖尿病病薬物治療準認定薬剤師、千葉県糖尿病療養指導士、ICLSプロバイダー、PhDLSプロバイダー、FCCSプロバイダー、スポーツファーマシスト

薬剤部の特徴

東京ベイ・浦安市川医療センターは救急医療・小児医療・周産期医療・高齢者に対応した医療を4本柱に揚げて浦安市、市川市、江戸川区などの医療圏を幅広くカバーする地域の基幹病院としての役割を担っております。

急性期病院としての機能を果たすため、薬剤室では医師・看護師をはじめとする他の医療スタッフと連携し、あらゆる医薬品が『より安全に』『より効果的に』『より適切に』患者さんに使用されることを常に心がけて従事しています。

当院では集中治療室、化学療法室、感染対策室、手術室をはじめ、全ての病棟に薬剤師が常駐し、様々な薬物療法への対応と医薬品の適正使用に努めています。また、薬剤師の教育活動にも力を入れています。

適切な薬物療法の実践に責任を持ち取り組むことを常に考え、コミュニケーション能力、臨床推論、医療の質など『臨床薬剤師力』を身につける教育を意識した薬剤師レジデントプログラムが始動しました。

アピールポイント

①薬剤師の卒後教育は、現在のところ就職した病院の機能や規模によって大きく異なります。薬剤師の卒後教育の問題点を明確にし、2年間という短い期間でEBMを実践できる薬剤師の育成するプログラムを作成しています。

②1施設のみでの研修ではなく3施設合同のプログラムとなっております。各施設の強みを活かし、高度急性期から慢性期、さらには地域医療まであらゆる領域で活躍できる薬剤師を育成します。

③国際水準の医療提供を意識し、実践する環境を整えています。例えば、多くの書籍や病院で契約している海外ジャーナルなど、EBMを実践するための豊富な情報ツールを自由に使用することが出来ます。

募集要項 

給料:基本給207,800円+職種手当30,000円

休日:基本は土日休日(当直・土日勤務あり)

賞与:年2回(6月・12月) 計4カ月分(2021年度実績)

勤務時間:8時30分~17時(昼休憩あり)

福利厚生:健康保険/厚生年金/雇用保険/労働者災害補償保険/日本病院会倶楽部福利厚生制度/院内優待など

教育研修:レジデント制度

関連記事

  1. JA広島総合病院

  2. 水島協同病院

  3. 多治見市民病院(社会医療法人厚生会)

  4. 医療法人沖縄徳洲会 四街道徳洲会病院

  5. 岐阜県総合医療センター

  6. 刈谷豊田東病院