神戸徳洲会病院

病院の概要

当院は、1986年に開設され地域に根ざした病院として診療を行っております。徳洲会病院の理念「断らない救急」を掲げ、どのような患者さんにも平等に最善を尽くして診療することを設立から30年以上続けています。医師、看護師、副診療部などが一丸となってチームを結成し、最新機器の導入によって、重症患者の治療にも迅速に対応しています。

当院は現在、新築移転に向けて準備を進めています。新病院では医療機器のさらなる充実と産科・小児科の充実に加えて、増えていく高齢の患者様と若い世代の方々にも十分は医療を提供していきます。

病院、薬剤部の特徴

当院薬剤部は薬剤師として基本的な業務だけでなく、特に病棟薬剤管理や薬剤管理指導業務について病棟に薬剤師を配置し、服用前、服用後の薬物療法の評価に積極的に取り組んでいます。

また自部署だけで解決せず、組織横断的・部署の垣根を越えて業務を行っています。

チーム医療においては感染制御チーム、抗菌剤適正使用支援チーム、栄養サポートチーム、褥瘡ケアチーム、心肺蘇生法チームなど様々なチームの中に積極的に参画しており、病院薬剤師に求められる業務が高度化・専門化・多様化している中、今後も医薬品適正使用を通して、患者さんに薬剤師として出来ることは何かを考え、日々業務に従事していきます。

アピールポイント

①週1回薬剤部内カンファレンス(Drug related problems、有意事象分析、症例検討等)を開催し、薬剤師としての薬物療法の考え方、薬剤選択の方向性について議論、習得できる

②救急初療室の中に薬剤師として入り、救急対応に参画することができる

③1年目から中央業務だけでなく、病棟薬剤管理業務を行うことができ薬剤師としての基礎を作ることができる

募集要項

就業時間:8:30~17:00(交代勤務制あり)、16:30~翌9:00

休日休暇:年間110日(月8日以上) 年次有給休暇 3ヶ月3日、6ヶ月7日、最高20日 特別有給休暇
初任給:211,400円~(6年制学部卒) ※中途採用の場合、経歴加算あり 調整手当 4,228円〜、技師手当 15,000円〜、職務手当 10,000円〜
諸手当:時間外勤務手当、夜勤手当、住宅手当、家族手当、認定・専門薬剤師手当(一部) 通勤手当(全額※規程による)、その他
昇給:年1回
賞与:年2回(7月、12月)
その他:加入保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、共済制度、退職金制度 3年以上勤務者に支給
定年制 有り:60歳 継続雇用制度あり
職員数:職員数340名(薬剤師13名)
連絡先 担当者:薬剤部 神田・総務課 吉川まで

関連記事

  1. 多治見市民病院(社会医療法人厚生会)

  2. さんむ医療センター

  3. 医療法人良秀会(高石藤井病院他)

  4. 大垣徳洲会病院(医療法人徳洲会)

  5. 公立陶生病院

  6. 独立行政法人国立病院機構下総精神医療センター