医療法人偕行会 名古屋共立病院

病院の概要

当院は1979年の開院から2019年2月で40年を迎える急性期病院です。

地域に根ざした156床の中小規模病院でありながら医療機器が充実しており、中でもがん治療に特化した機械を多く取り揃えています。

もともと透析医療に注力しており、院内には入院患者さま専用の透析室も設けられています。

近年は海外からの患者さまも多く受け入れており、2015年には外国人患者の受入れ医療機関(JMIP)の認証を取得しています。

薬剤部の特徴

薬剤部では、病棟での業務を非常に重要視しています。病棟へ薬剤師を配置することで薬の事故を防ぎ、安全面の確保に努めています。服薬指導はもちろん、入院時の持参薬チェックや入院中の内服薬の全面管理、医師・看護師への処方支援も行っています。

薬剤師としてできることはどんなことでも実施し、他職種を支援しています。その他、薬剤部内での調剤や混注、外来化学療法センターや日帰り治療センターでの業務も行っています。

患者さまのために薬剤師として専門性を追求し、自主的・積極的に楽しんで仕事のできる方をお待ちしています。

アピールポイント

  1. 病棟業務に力を入れる

病院薬剤師として重要な任務は「病棟業務」と考えています。安全管理を目的とし、入院患者さまへの初回面談や持参薬のチェック、入院中の内服薬全面管理、服薬指導、医師・看護師への処方支援行っています。

  1. 薬剤師にできることは何でもやる

他職種に対する支援を積極的に行っています。中でも看護師に対する支援を手厚くし、看護師が看護業務に専念できる環境づくりに努めています。

  1. 自主性・積極性を重んじる

臨床家・研究家としての意識を持ち、楽しんで仕事をしてもらいたいと考えています。セミナーや研究会・学会への参加など、挑戦したい職員の気持ちを大切にしています。

自分の行動に責任を持った上で、さまざまなことに挑戦してください。

  1. 患者さまへ良質な医療を提供する

患者さまあっての病院です。そのため、患者さまに喜ばれる仕事をしていただきたいと考えています。

“医療“というサービスを提供している意識を持ち、患者さまにご満足度いただけるような仕事をするよう努めています。

募集要項

給料:基本給227,000円、夜勤手当7,400円/回、住宅手当(世帯主)15,000円(非世帯主)10,000円(入寮)支給なし

休日:原則週休2日(シフト制)※8~9日/月

賞与:年2回(6月・12月)*年間4.5ヶ月分 

勤務時間:日勤 9:00~17:30 / 夜勤 17:00~翌9:00 *その他:早出 

福利厚生:単身寮、院内保育所、職員専用福利厚生施設、宿泊施設 等

関連記事

  1. 育和会記念病院

  2. 瀬野川病院

  3. 名古屋徳洲会病院

  4. 多治見市民病院(社会医療法人厚生会)

  5. 済生会野江病院

  6. 岐阜大学病院