公立みつぎ総合病院

病院概要

当病院は尾道市御調町を中心に周辺の5市1町、人口約6万人を診療圏域とする地域の中核的総合病院(240床)です。

ICU(集中治療室)、無菌手術室、マイクロサージェリーをはじめとする高度医療はもちろんのこと、退院後は在宅医療・ケアを積極的に行い、患者本位の医療を提供しています。

院内には回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟、療養型病棟も設置し、地域のニーズに応えています。

一方、病院には行政部門である御調保健福祉センターを併設し、これらを核として介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウス、グループホーム等の公立みつぎ総合病院保健福祉総合施設、訪問看護ステーション、ヘルパーステーションを併設して地域包括ケアシステムを構築しています。

薬剤部の特徴

地域包括ケアシステムにおける薬剤師業務の実践

急性期から維持期までの薬物治療をシームレスに安心して行えるよう対応しています。

主な業務内容:病棟在宅における服薬指導、入院時(在宅等における薬物療法に関する情報収集)入院中(服薬指導、チーム医療への参画、無菌調剤(抗がん剤等))退院時(服薬指導、在宅サービス・他施設への情報提供などの連携)退院後(居宅療養管理指導(多職種及び多施設との連携))外来(化学療法、急患対応、広島県版トレーシングレポートを利用した情報共有活動)

院外処方率 :約93%  

研修:新人研修から始まり専門分野への学習を支援 

アピールポイント

  • 専門知識のみならず総合的な知識・対応が要求される業務への対応力の習得

急性期から維持期までの薬物治療をシームレスに行うスキルが身に付きます。そのスキルが業務に活かされ、経験を積むにつれやりがいが増していきます。

  • 多職種・他施設との連携
  • 教育(新人研修から始まり総合的知識等の習得・専門性を高め認定等の取得)
  • 学会等での発表

募集要項 

給料:初任給(月額)     222,700円(6卒)

休日:休日     土曜日、日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日、12月29日~12月31日、1月2日・3日

年次有給休暇:1年目は職員採用月により規程で定める日数(2日~20日)翌年から20日、病気休暇(診断書による日数)特別休暇、リフレッシュ休暇、冠婚葬祭、交通機関の事故等、社会生活に必要な休暇があります。育児休暇(産後休暇終了後、申し出により育児休暇がとれます。)介護休暇(配偶者、父母、子等規程で定める者が長期間にわたり介護を必要とする場合に介護休暇がとれます。)

賞与:年2回(4.45か月)  昇給 年1回

勤務時間:8時30分~17時15分 当番勤務:平日・休日有り 

福利厚生:職員の福利厚生事業については、一般財団法人広島県市町村職員共済互助会等において実施。※職員互助会の参加により、結婚・出産への祝い金、入院への見舞金等の慶弔金の支給制度があります。その他、院内旅行等を行っています。

教育研修:新人研修(勤務時間内)等 

採用人数:2名程度

例年の選考スケジュール:見学:随時受付 説明会:未定 試験:未定(7月~9月)

関連記事

  1. 医療法人沖縄徳洲会 鎌ケ谷総合病院

  2. 大阪府立病院機構

  3. 育和会記念病院

  4. 東京歯科大学市川総合病院

  5. 瀬野川病院

  6. 医療法人良秀会(高石藤井病院他)