瀬野川病院

病院概要

当院は広島県・広島市指定の精神科救急医療センターで、精神疾患の救急・急性期治療を主に担っています。その中でも特に薬物・アルコール依存症の治療には歴史と実績があり、広島県の依存症治療拠点機関にも指定されています。

さらに、広島市東部認知症疾患医療センターとしての役割もあり、幅広い年齢層の多種多様な精神疾患を治療しています。

また、早期退院、地域生活移行、地域医療にも注力しており、維持・回復期に至るまでのあらゆる場面で切れ目なく最適なチーム医療を提供しています。

 一方で、ワークライフバランスや育児支援にも配慮した勤務環境づくりにも力を入れており、終業後にはテニスやバレーボールなどのクラブ活動を楽しむこともできます。

薬剤部の特徴

当院の薬剤師は、「より良い処方の提案を通して薬物療法のレベルアップに貢献する」というミッションを掲げ、患者様一人ひとりの薬物療法に責任を持つことを心がけています。

その一環として、各薬剤師は担当患者受け持ち制としており、入院から退院まで、精神疾患だけでなく身体疾患の合併がある場合はそれも含めて、継続した薬学的管理を行います。

さらに、退院後も訪問薬剤管理指導として自宅等での薬剤管理指導も行っているケースもあるのが当院の薬剤師業務の大きな特色になっています。

精神科領域の臨床経験を多く積め、臨床研究にも積極的なので、精神科専門薬剤師等の取得実績もあり、認定取得を十分にサポートできます。

そのようなキャリア支援と並行し、残業なしで帰れる勤務シフト、積極的な休暇取得や育児支援にも取り組んでいます。

アピールポイント

①幅広い精神疾患への薬物療法に薬剤師として深く関わることができます。職種間連携も強く、病棟業務も様々なスタッフが助けてくれます。

②新卒からでも最短4年で精神科専門薬剤師の認定が取得できるようなサポートが可能です。学会発表や論文投稿の費用も補助できます。

③精神疾患患者に対する薬剤師による定期的な在宅訪問業務はまだ全国的には珍しいのですが、当院には他に先駆けて15年以上行ってきた実績があります。

④終業は16:45で、毎日ほぼ残業なく帰れるようシフトを組んでいます。有休消化率100%なので、勉強会参加などの自己研鑽もプライベートも充実できます。

⑤出産や子育てでキャリアが途絶えることはありません。常勤でも時短でも柔軟な働き方ができますし、託児所や看護休暇の利用もできます。

募集要項 

給料:260,000円/月

休日:年間108日、年次有給休暇は6ヶ月後に10日、産休・育休・介護休業・子の看護休暇等制度有

賞与:前年度実績 年2回、約4.0ヶ月分

勤務時間:8:30~16:45

福利厚生:職員専用託児所あり(3歳未満 500円/日)、院内スポーツ施設利用、企業年金基金加入

教育研修:随時勤務時間内に職員研修あり

採用人数:数名程度

例年の選考スケジュール:見学、説明会、試験は応募があれば随時

インターンシップコース内容

・1日コース(調剤や病棟業務など日常的な業務の同行見学の他、日程によっては精神科医の診察の陪席や心理教育プログラムの見学までが可能な見学主体のコースです)

・1ヶ月コース(当院の非常勤職員として給料を支給しますので、薬剤師の業務補助をしつつ、実際の患者にも関わっていただき、薬剤師と一緒に処方提案や臨床研究なども行っていく体験主体のコースです)

関連記事

  1. 一般財団法人 住友病院

  2. 名古屋市立大学医学部附属西部医療センター

  3. 岐阜県総合医療センター

  4. 株式会社ファーマシィ

  5. 関西電力病院

  6. 松波総合病院