浜松医科大学医学部附属病院

会社・病院概要

所在地静岡県浜松市東区半田山1-20-1
アクセスJR浜松駅よりバス35分
東名高速三方原スマートICより車で5分・新東名高速浜松SAスマートICより車で25分
店舗数・病床数613床
展開エリア静岡県浜松市
概要病院薬剤部ホームページ:
https://www.hama-med.ac.jp/hos/cent-clin-fac/hp-pharmacy/index.html
薬剤部オリジナルサイト:
http://www2.hama-med.ac.jp/w6a/pharm/yakuzaitop.html
病院採用ページ:
https://www.hama-med.ac.jp/jobs/index.html#u9f91bf0

平成7年3月に「特定機能病院」として承認。高度の医療の提供、地域医療機関との密接な機能連携や機能分担の推進、高度の医療技術の開発、また地域の病院や診療所と連携して、紹介された患者さんの診療を行っています。

特色
・「最新の医療」および「高度な医療」の提供
・複数の専門職種が「チーム」を形成して診療やケア等の実践
・「専門職種のキャリアパスを支援」として医療専門職の育成に注力

近年の新規入院患者数、手術件数、放射線・化学療法の症例数並びに分娩件数の増加を踏まえ、手術室の増設、放射線治療室や外来化学療法センターの充実、周産母子センターの機能強化等を目的として、「先端医療センター」(通称:aMeC)を開設

薬剤部・薬局概要

入職後は初期3ヵ月で各種の部内業務を研修し、その後部内業務と兼務で病棟業務も先輩薬剤師と一緒に担当します。各自の習熟度を見極めた上で、6ヵ月目ごろから日当直業務が始まります。

 

研修では到達度試験や業務内容チェックリストを用い、2~3年目の薬剤師によるチューター制度導入しています。1~2年を目安に担当する部署・病棟を入れ替え、経験を重ねチーム医療にも関与します。

 

薬剤師全員が様々な部内業務や病棟業務を兼務できる高度なジェネラリストの育成をめざしています。

 

個人にデスク・PC(電子カルテとネットワーク端末)・院内PHS・収納棚を準備し環境整備に力を入れています。職員の成長のために必要な自己研鑽や自己投資ができる環境作りに力を入れています。

 

対物業務に対して積極的にシステムやロボット、ICTの技術を取り入れ効率化を図り、薬物治療への介入を積極的に行っています。

特徴・PR

①若手が積極的にチャレンジできる職場です!

 

②チューター制度を始めとした教育体制の充実に力を入れています!

 

③認定・専門薬剤師、指導薬剤師、学位取得者が多数在籍する、成長できる職場です!

 

④入職早期から先輩職員と病棟業務を経験することで幅広い学びと成長が得られます!

 

⑤各個人に、デスク、病院情報端末(電子カルテ)、インターネット環境を整えています!

募集要項

募集人数・採用実績募集人数:2023年 若干名
採用実績:2021年3人、2020年3人
勤務地浜松市
給与(初任給・手当・昇給・賞与)給与:月額  210,500円~255,800円
賞与:年2回(6月、12月)、年間約4.39ケ月を支給予定(2020年度実績)
手当:地域手当、通勤手当、住居手当、超過勤務手当等 諸手当あり
休日・勤務時間就業時間:8:30~17:15(7時間45分勤務、月に約2回の日直・当直による夜間・休日勤務あり)
休日:4週8休
休暇:年次休暇 年間20日。ただし、新規採用者は採用月に応じて定めてあります。このほかに、特別休暇、忌引、夏季休暇、産前後休暇など
福利厚生・社会保険文部科学省共済組合(健康保険・厚生年金に相当)制度、災害補償制度、退職手当制度、学内宿泊・研修・運動施設利用可、レクリエーション用品貸出、宿舎(2021年築)入居可
教育研修制度新規採用者研修の充実:初期研修を3ヶ月実施。基本的な調剤や製剤等の薬剤業務と病棟等での臨床業務を容易に習得
チュータ制度の導入:勤続2,3年目の薬剤師が常に疑問点にお答えします。病棟業務は複数名制にて対応し先輩薬剤師等が支援します。
当直業務は調剤業務に習熟した4ヶ月後から開始しています。(先輩職員との2人体制)
採用までの流れ、提出書類例年5月頃選考ですが、それ以外でも随時受け付けています。書類選考、筆記試験(医療薬学全般、英語、小論文)、口頭試問(面接)

募集ホームページ:
https://www.hama-med.ac.jp/jobs/index.html#u9f91bf0
平均年齢・平均勤続年数平均年齢34歳

イベント(インターンシップ・見学会・説明会)

随時見学を受け入れています。見学希望の方はご連絡ください。個別に対応しますので、こんなところが見てみたい業務(病棟業務、チーム医療、がん化学療法など)の希望があれば事前にご相談ください。

先輩社員の声(4年目)

・入社理由

 

自分自身が浜松出身であり、市内の病院での就職を考えていました。大学病院であることもあり、高度な医療、臨床研究にも実績を有していることから、自身のキャリアパスも考え、入職を決めました。

 

・働いてみてのメリットなど

 

業務に関して、薬剤部内業務のみでなく、治験やPET業務にも入職後早い段階からかかわることができ、多くの経験をすることができています。自己研鑽の時間もしっかりとることができる環境にあり、日々精進しています。

 

・入社後の研修や教育など

 

自分自身が大学院生であることもあり、研究の指導も指導者より受けることができています。また、業務面に関してもチューター制度が設けられており、1年目から円滑に業務、研究を始められる体制を整えることができました。

 

・その他

 

研究や業務について、大学では触れたことがないような技術(PETやLC-MS/MSなど)においても、問題なく対応することができています。

 

2人目

 

・入社理由

 

私は、もともと業務と研究を並行して実施できる環境を探しており、多くの大学病院を見学しました。当院は、大学院生に多くの薬剤師が進学しており、臨床業務をしている薬剤師が執筆している論文も多数あり、最も自身が理想とする環境で働くことができる病院であると考えて入職しました。

 

・働いてみてのメリット

 

やはり1年目の早い段階からから病棟業務に関わることができることが良い経験になっています。さらに、業務と並行して臨床研究を進めることができいます。学会や研修などの参加にも積極的で、全国で活躍する多くの薬剤師や研究者とつながりが持つことができています。

 

・入社後の研修や教育など

 

自分自身も研究や業務に関して先輩薬剤師から指導を受けてきましたが、3年目からは自身が後輩の指導にも関わる立場にもなりました。指導を経験することで自分自身の成長や今後の薬剤師教育にも興味を持つことができております。

 

・その他

 

ICT(infection control team)をはじめとするチーム医療の活動も活発で、各専門・認定薬剤師も在籍しています。専門・認定薬剤師から直接指導を受けることができており、現在、自分自身も多くの患者さんと向き合い、ICTの一員として多くの経験をすることができています。

会社・病院詳細

沿革(事業内容)病院の運営
代表者・資本金・売上高・従業員数病院長:松山幸弘

関連記事

  1. 水島協同病院

  2. 東千葉メディカルセンター

  3. 独立行政法人地域医療機能推進機構神戸中央病院

  4. アイングループ

  5. 東春病院

  6. 名古屋掖済会病院